HOME>トピックス>個人が家を建てるのにかかる費用はどれくらい

土地がある場合家にかける費用は

大阪の工務店で家を建てる場合、土地があるかないかで費用相場は変わってきます。すでに土地を持っている場合、注文住宅を実際に建てた人たちの平均額を調べてみると、近畿圏で3,288万円が平均となっています。頭金の平均は700万円ほどで、1か月の返済額は93,100円程度です。あくまでも平均値でしかありませんが、すでに土地がある分、住宅の建設に費用を回すことができるため、比較的部屋数の多い家を建てている人が多いようです。工務店ならすべての素材から希望に合わせることができるため、こだわる優先度にメリハリをつけて建築できるのが魅力です。

土地がない場合家にかける費用は

一方、土地を持っていない場合は土地から購入を始めなければなりません。トータルでかかる費用は近畿圏で4,081万円となり、土地代が大きく響いているのがわかります。また、頭金は500万円台で、1か月の返済額が114,500円が平均となっています。まとまった持ち出しは難しいため、月々に重みを持たせる人が多いようです。ただ大阪の工務店に支払う金額は3,264円が平均で、そこに差はありません。ただ工務店と言ってもかなり幅があり、下は坪単価20万円から、上は坪単価100万円まであります。いずれにしてもどのような家を建てるかによりますが、やはり土地代が取られる分、予算の確保が難しいのは事実でしょう。

広告募集中